43
FF14 プレイ初日です。




デスクトップにあるFF14の起動アイコンをポチッ

からの レッツプレイ!

そういえばNTTさんインターネット商品「フレッツ」って

Flat(定額)、Friendly、Flexibleの頭文字「F」とLet'sを合せてできたらしいですよ。

どうでもいい豆知識を挟みつつ次へ。



 
34


良く分らない空間(宇宙的な?)に一人の渋いおじさまが棒立ちでした。

どうやらここで自分が操作するキャラクターをメイキングしていくようです。

36


性別、種族、身長に筋肉量。

顔の骨格、髪型、目、耳、鼻、口 などなどなどなど、設定できる項目がいっぱい。

すごい!思いのままにキャラメイクできます!






38

あんな可愛い子も

そんな好みの女性も

こんな愛らしい子も

どんな娘も思いのまま!! 






楽しい !これは本編を遊ぶ前から楽しいですよ!

おぉぉ!この種族も良い!

男性もかっこいい!

これも凄い!あれも凄い!

おおおおおおおおおおおおおおお

















―30分間後―

おおおおおおおおおおおおおおお















―1時間後―

おおおおおおおおおおおおおおお



































―2時間後―


おおおおおおおおおおおおおおお
































―3時間後―

おおおおおおおおおおおおおおお
































―4時間後―

おおおおおおおおおおおおおおお・・・・・・・・・・
















キャラクターが完成しません( ゜Д ゜)




もちろんシステム的な不具合ではなく、私の不具合。




THE 優・柔・不・断



このままのペースで行くと、数日キャラメイクだけで遊んだ挙句、始まったばかりのブログがキャラメイクで引っ張るということになりかねません。



それはいかんざき

しかし、もう私には決められる気がしない・・・

保存したいくつものキャラクターの中から選ぶことなんてできない・・・

もう、いっそ神様が決めちゃってくださいよ!







神様が・・・ 



神様・・・ 



神様・・・ 




(  ゜ Д ゜)ハッ



そうだ!こうなれば神様に決めてもらおう!







42


ということで、とりいだしたるは「乱数メーカー」

これで各項目をランダムに決めてしまいましょう。




まずは性別。

男女2択なので設定を1~2までの数字からランダムに1つを選ぶに。

1が出たら男性。2が出たら女性。

いざ尋常に ポチッ






















28


「1」

性別は男性に決定です。


次は種族。
 
種族は6択なので、1~6までの数字からランダムに1つを選びます。

個人的には男性キャラなら長身の種族がいいですね。

エレゼンというのかアウラというのが非常に好みです。

長身で渋いかんじとかがいいなぁ! ポチッ


















30


「5」



ルガディン?

あ、うん・・・長身には違いないよね・・・ウレシイナー


次は種族の中の部族のようです。 ポチッ


32


よくわかんないけど「ローエンガルデ」にけってぇい!




そして、ついにやってきました。


外見



22

選択する項目が20もあるからランダムで作るととても大変。

肌や髪の色とか、数えるだけでも大変な数のパターンがあるし!

といいつつ私は気づいているのです。

画面左上のこのボタン!



24


キャラクターの外見をランダムで作ってくれそうなこのボタン。

まさに今の私にうってつけの機能ではないですか。



さっそく押してみましょう。 後悔や返品はなしですよ!?


ポチッ

























































26


やり直しを求む!!!!!!!!

後悔しないって言ったばかりだけど・・・舌の根も乾いてないけど・・・

さすがにこれはアレでしょ!?

ランダムがここまでひどいとか思わないじゃないですか!

こ、これから未知の世界を救うかもしれない主人公がこれじゃまずいでしょ!?



16

どう見たって神谷さんに指で突かれ「ぶべらっ」っとか言って破裂死しちゃう人です。

というか、もう目が死んでます。

冒険するよりされる側の顔。


今決定ボタン押したらゲーム開始前からモチベが切れますよ。



ということで、私ルールをついかー

じゃんけんで負けたら「3回戦だよね?」と言っちゃうくらいの情けなさです。

3回!3回チャンスをください!

誰に許しを請うているのかさっぱりわかりませんが、後2回のランダムを許しましょう。

もう自分が何を言ってるのか、何をしたいのかさえ分らなくなってきました。


そういうことで、ランダムボタンをあと2回押せることになりました。

なお、キャラの外見は保存しません。

つまり、次の外見が50点でさらにランダムを押して20点だった場合、20点のキャラを強制使用。

もちろん50点の時にドロップアウトしてもOK!

なんて自分に甘いルール変更でしょうか。





それでは2度目のランダム開始! ポチッ






































19

先生、山田君が頭に宇宙戦艦的な何かを乗せてます。



はどーほー撃ってー はどーほー








・・・・






なんでしょう。

一発目がアレだったんで悪くない――いやむしろアリなんじゃないかと思えてきました。

髪型に目をつぶればそんなに悪くはないと思うのですよ。

髪型に目をつぶれば・・・
















つぶれるかーい!!!!! ポチッ










そして、後先考えずに押した3回目のランダム




























8

コレが私の真の姿です。

どことなく色黒のアームストロング少佐にみえなくもなくもなくもない。

必死に自分にそう言い聞かせます。

頬の花のペイントはチャームポイント。

血の涙を流しながら自分を騙します。



ぐぉぉぉぉぉ キャラクターの外見設定完了!!!!!


この後の職業や生年月日や宗教(?)なども乱数メーカーでさくっと設定。


12

なんと親切にも名前のところにも「ランダム」ボタンがありました。

ポチッ として「Drifting Cactus」に決定。

無駄にかっこいい名前になりました。

直訳すると「漂流するサボテン」

まったくもってサボテン感がありませんが、意外にお気に入りです。

今日から私はドリフティング カクタス。

略してドリタス!



最後に「ワールド」というものを決めるらしいです。

良く分らないのでググってみると、FF14はいくつかのワールドというのがあり、更に一つのワールドに複数のサーバーがあるようです。

「プレイヤーがたくさんいるからいっぱい用意された並行世界で遊ぶ」的な感じでしょうか。

注意事項に「作ったキャラは基本的にサーバー移動できないから、知り合いと一緒に遊ぶなら同じサーバーを選んでね」的なことが書いてありました。

これもランダムで決めようかと思いましたが、作成制限がある(上限数に達してる?)サーバーがあるようです。

どれでもいいのでタイフーンというサーバーを選択。

すべての選択項目を決め、いよいよFF14の世界へ。



ついに始動した今日からFF14。

Drifting Cactusの冒険が今始まる。